Singing Of Myself 〜この身の自由をうたう

◇大阪医大ジェンダークリニックで起こった術後壊死について広く知らせ、問題提起します。

大阪高裁へ行ってきました~京都TM訴訟第二審判決~

 こんにちは、鈴木です。
 一昨日の第一回証人尋問、予定よりも1時間30分オーバーの7時間(うち、休憩時間が1時間強ありましたが)にも及びましたが、支援者の皆様が色々とご都合をつけて駆けつけて頂いたこと、本当に有難うございました!
 また、支援者の皆様からは、ねぎらいのお言葉やアドバイス、支援事務局に対するご提言やご注意など、様々頂きました。大変参考になりましたし、改めて細心の注意を払って活動をしていこうと気が引き締まった次第です。
 証人尋問は28日、10月16日とまだまだ続きます。これからも宜しくお願いします!

 さて、一昨日の疲れがなかなか取れない中、昨日は大阪高裁まで行ってきました。
 以前より、同じ京都で訴訟をしているということもあり、交流もあった「京都TM訴訟」の第二審判決を傍聴するためです。小泉政権時のTM(タウンミーティング)において、参加者は抽選で決定すると歌いながら、その実、意図的に排除された人たちがいたことが明るみにでた裁判です。

 夏の暑さが戻ってきたような日差しの中、阪急の梅田駅からトコトコ歩いて大阪高裁へ。約15分ほどの道中で、私は第1審判決の時のことを思い出していました。
 被告である京都市・国が色々と画策をして、原告らを排除したことが証人尋問などでも明るみになってきており、京都地裁の大法廷はTM訴訟勝利を信じた支援者でいっぱいになっていました。私も、勝利は間違いなく、あとはどこまで踏み込んだ判決になるかと思ったものです。
 しかし、結果は全面敗訴。まさか、まさか、といった感じで、つくづく裁判の難しさ・怖さを思い知らされた出来事でした。
 
 今回はどうなるんだろう……などと若干不安に駆られながらも、高裁へ到着。別館8階にも拘らず、本館の8階に昇ってしまう、など一通り迷いながらも、法廷へ。開廷前でしたが、どんどんと人が集まり、開廷と同時に傍聴席は全部埋まってしまいました。
 運良く傍聴席へ座れた私。周りを見回すと、談笑しながらもどこか緊張した面持ちで皆さん待っておられます。
 予定時間の13時15分間近、裁判官が来られましたが、すぐに退廷。
 え、何?何? と思っていると、また入廷。どうやら部屋の確認をしていたようです。

 原告側は代理人の弁護士さんや原告の皆さんでいっぱいに。
 被告席側は代理人の弁護士含め、誰一人もいません。

 いよいよ判決、裁判長の口が開きます。

 結果は……
 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009091700247&genre=D1&area=K00
 


 原告側の逆転勝訴でした!
 原告側の皆さん、おめでとうございます!
 

 もっとも、憲法に反している訳ではないとの判断や、一部原告の方に対する判断は厳しいものであることには変わりありませんが……。 
 しかし、着実に、そして粘り強く裁判を進めていくことの必要性・不屈性を改めて感じた次第です。
 判決後の報告会には時間の都合上、参加は出来ませんでしたが、高揚感もあってか阪急西院駅に着いた時、ドーナツを5個も買ってしまいました。また太ってしまいます。

 さぁ、次は私たちの番です。次回証人尋問は
9月28日(月) 10時30分~12時/13時~16時(予定) 京都地裁208号
です! 前回同様、また少し終了時間は延びてしまうかもしれませんが、今度は終了後の集会場所確保などを着実に行っていきたいと思いますので、次回も何卒、よろしくお願いします。



9月28日(月) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
          ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 13時30分~ 京都地裁208号
         過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問



ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯 

証人尋問1日目終了

まる証人尋問 1日目無事終了まる

本日10時半から5時過ぎまで証人尋問が行われました。

まず、長かった・・・。

証人は5人。
被告病院の医師が中心でした。


壊死はいつ起きたのか。

GID医療の目的は何か。


などといった重要な争点について、
弁護士が淡々と、しかしときどきドラマチックに、
尋問されているのを手に汗握って見守りました。

今回はなんとヨシノさんも尋問を行いました。
今日のために体調をあわせるのに精一杯だったのに、
いざ、話し出すとその姿は堂々たるものでしたロケット
尋問なのにヨシノさん自身の意見や思いもガンガン伝えていたのが印象的でしたウインク


そして、そして、傍聴席は支援者のみなさんで満席となりました拍手
お忙しい中長時間傍聴していただいた皆様、どうもありがとうございました。


いろいろといたらないところがあったかと思いますがすいません
いただいたアドバイスやご意見を参考にして、
次回の尋問に活かしていきたいと思います力こぶ力こぶ

次回は9月28日(月)の10時半からです。
途中入退室可能ですので、どうぞお気軽にお越し下さい。

ちなみに、次回は午後からヨシノさんはじめ原告側の証人尋問があります。
午前中はヨシノさんの手術の主治医への尋問です。


詳しくは、後日ホームページやブログその他でお知らせします。


追記

今日の部屋について、ホームページでまちがった部屋をお知らせしておりました。
ホームページを見てお越しいただいた方には申し訳ありませんでした。



〈平田〉

ついに明日

いよいよ証人尋問が明日に迫ってまいりました。


長い間弁護士を通し文書でしかやり取りができていなかった被告・大阪医大側と明日は直接対峙となります。
数え切れないほどの回数、原告を深く傷つけ、不誠実な対応をしてきた当事者たちがようやく法廷の場に姿を現すのです。

この直接対決に勝利するには一人でも多くの方の協力が必要です。
原告側支援者が傍聴席を埋め尽くし、大阪医大側を圧倒したいのです。


お忙しいとは思いますが、どうかどうか、よろしくお願いします!




***********************************************
9月16日(水) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
         大阪医科大の医師など被告側の証人尋問
9月28日(月) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
          ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 13時30分~
         過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問



ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯

嵐電でGO!

 秋めいてきました。あと1ヶ月もすれば、京都は紅葉シーズン真っ盛りとなり、観光客でごった返すでしょう。特に、京都の西に位置する嵐山あたりは、桂川にかかる渡月橋が人・人・人でいっぱいになるでしょう。嵐山の紅葉は非常に多様で、色鮮やかですから皆さん見に来られます。
 ただ、せっかくの紅葉も人混みの中だとなかなか楽しめません。ということで、余り知られていない紅葉スポットを…………教えられたら良いのですが、すいません、余り意識して生活して来なかったので…………それはまた、誰かに。
 さて、嵐山まで私たちが行く際に利用するのが、「京福電鉄」(通称・嵐電)。市バスでも行けるのですが、なかなか本数が少ないので(また嵐電の場合は、一律200円で、市バスより20円ほどおトクなので)しばしば、この嵐電を利用します。今日はこの嵐電について、ちょっと紹介を。
 嵐電が注目されるのは、3月末~4月中旬までの桜の季節。北野線の鳴滝~宇多野線の間は、線路沿い200m間にわたり桜並木(通称・桜のトンネル)となっているため、しばしばメディアに取り上げられます。それから、夏の「化け電」も最近では知られるようになりました。近くにある大将軍商店街は、百鬼夜行が闊歩したと言われる一条通にあるため、妖怪で町興し・商店街興しをしようとしています。その商店街興しの一環として、ゲゲゲの鬼太郎などが描かれた電車が走るのです。更に、妖怪・幽霊などのコスプレをして乗車すると、150円引きとなるようです
 しかし、初秋の今の時期、紅葉シーズン真っ盛りになるまで、嵐電はかなり空いています。通勤に使うサラリーマンなどがチラホラ見える乗っているくらいです。裏を返せば、今の時期が嵐電で観光するなら狙い目ともいえます
 例えば、皆さんご存知の広隆寺も嵐電に乗ればすぐにいけます(嵐山線の「太秦広隆寺」駅)。また、全国的にも勉学の神様として有名な菅原道真が祀られている北野天満宮は、北野線・「北野白梅町」駅より東に徒歩5分ほどにあり、同じく勉学の神様(こちらは余り知られていませんが)である清原頼業(きよはらのよりなり)を祀っている車折神社(くるまざきじんじゃ)にも嵐電ですぐに行けます(嵐山線・「車折神社」前)。なお、清原頼業は、和歌・漢詩にも通じていたことから、勉学だけでなく、芸術・芸能の神ともされており、境内を囲む板(玉垣といいます)には著名人の名前がズラリ。往年のスターの名も見られるので、一度足を運んでみて下さい。渋いところでは、歴史ある京都の中でも創始の古さでは指折りと言われている木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)も嵐電に乗ればすぐです。この木嶋神社については……余り長くなってもいけないので、各自調べてみて下さい。

 とりあえず、秋は京都観光が盛んになりますが、9月中であれば市内も比較的ゆっくり回れると思います。お仕事等でお忙しいかと思いますが、是非是非、お時間ありましたら遠方の方も足を運んでみて下さい。

 ただ、観光の前に私たちとしては、全国の皆さんにお願いしたいことがあります。下記の通り、私たちの裁判もいよいよ証人尋問を迎えることとなりました。そこで、観光の前に、是非、私たちの裁判の傍聴を宜しくお願いします!
 本当に、本当にお願いします! 傍聴席を原告側支援者で埋め尽くしたい、それが私たちの切なる願いです!


***********************************************
9月16日(水) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
         大阪医科大の医師など被告側の証人尋問
9月28日(月) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
          ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 13時30分~
         過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問



ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯

京都でてこいランドに行ってきました

今年も「車いすと仲間の会」のキャンプ(9月4日~6日)に出かけてきました。
場所は京都、下山の「でてこいランド」です。

このでてこいランド、すばらしいたてものなのです。
まず、無駄な段差はありません。
私のように車いす押すのがへたくそぴーなやつでも、ぶつかったり、つまづいたりすることもなく、スーーイスイです。
すばらしい。

そして、代表の神鳥さんにお聞きした理念もすばらしいです。
何時に寝てもいい、何時に起きてもいい、来る人の自由を確保したものを作りたくて
どこの補助も受けず、自分たちでお金を集めて作った
のだそうです。 ありそで、なかなかないです。
すばらしい。

このすばらしいたてものは、わたしのようなぐうたらにも、
自由をもとめる仲間の会の方たちにも
なんともふさわしい場所です。


いろんな場所に、いろんなかたちで、
自由を求め、実践する人たちがいること、
その大切さを感じることができるキャンプになりました。


このキャンプを作ってくださったみなさま、
素晴らしいキャンプをありがとうございました。
また、よろしくおねがいします!




**************

9月16日(水) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
         大阪医科大の医師など被告側の証人尋問
9月28日(月) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
          ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 13時30分~
         過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問





ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯
記事検索
プロフィール

スクドモ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ