Singing Of Myself 〜この身の自由をうたう

◇大阪医大ジェンダークリニックで起こった術後壊死について広く知らせ、問題提起します。

第15回口頭弁論報告

 涼しい、というか、寒い! いきなり「秋」になってしまいましたね……。
 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 事務局の鈴木です。
 さて、遂に証人尋問を来週に控え、昨日(9/9・水)開催された第15回口頭弁論の報告をさせて頂きます。
 
----------------------------------------
* 第15回口頭弁論報告(2009/9/9 16:00~)

* 口頭弁論
* 被告、証人尋問用の陳述書提出(被告側証人の分)
※1
  原告、証拠となる患部写真など提出※2
  証人尋問の詳細確認※3


※1:被告側の陳述書については、16日・28日で証人として出廷する本件手術に関与した医師ら全員の意見が書かれています。
 まだ私たちも全文を検討はしていませんが、少し読んだだけでも判ったことは……被告側は、やはり自分たちの「非」については一切認めていないということです。そして、私たちの主張についても全面的に否定してきています。

※2:被告側は私たちが提出した写真(ヨシノさんが自分で撮影した患部写真)について、「撮影日時が判らない」「撮影条件が悪く、鮮明でない」などと主張してきました。そこで、今回は撮影日時がきちんと表示され、またどこで撮影されたのかも明確に示し、提出しました。

※3:
9月16日(水) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
         大阪医科大の医師など被告側の証人尋問
9月28日(月) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
          ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 13時30分~
         過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問


(*開始時間を13時~と記していましたが、正しくは13時30分~でした。訂正いたします)
----------------------------------------

ロケット とにかく、あと1週間で証人尋問です。上記のように、被告側の医師たちが証人として出廷します。どうか皆さま、出来る限りご参集頂き法廷を原告側の事務局・支援者で埋め尽くし、原告のヨシノに勇気をお与え下さい!
 よろしくお願いします!



ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯

がんばろう会報告

9月に入り、朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。
このブログでも掲載していた「証人尋問だぞ!がんばろう会」を8月30日に開催しましたので報告させていただきます。
参加していただいたみなさま、ありがとうございました。


当日は診療経過等を一からおさらいしなおしました。参加者の皆さまから積極的に質問をしていただき、
弁護士・原告からいろんな話をしていただきました。
事務局員ともどもなるほどなぁと大変勉強になりました。
お菓子をつまみながら終始和やかな雰囲気で会を進めることができたと思います。あらためて参加していただいたみなさまにお礼申し上げます。


さて、この裁判の復習をしたところで、いよいよ証人尋問が迫ってきております。
◇近々の予定

9月9日 (水) 第15回口頭弁論 16時~ 於:京都地裁310号
9月16日(水) 大阪医科大の医師など被告側の証人尋問
9月28日(月) ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問

ずばり、証人尋問はこの裁判の山場であります。
お忙しいとは思いますがご参加よろしくお願いします。

ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯

さぁ、総選挙! そして、「がんばろう会」!

◇近々の予定
* 証人尋問日程
8月30日(日) 「証人尋問だぞ! がんばろう会(仮)」【詳細以下】
9月16日(水) 大阪医科大の医師など被告側の証人尋問
9月28日(月) ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問


 こんにちは、事務局の鈴木です。
 2009年8月30日といえば……そう、遂に衆議院議員選挙が行われる日ですね!
 そして、私たち事務局としては……そう、証人尋問に向けた「がんばろう会(仮)」の開催日です!
 ということで、前の日記にも記しましたが、「証人尋問だぞ!がんばろう会(仮)」についてお知らせです。

日時   2009年8月30日 14時~(最長17時まで)
場所   立命館大学衣笠キャンパス(開催教室は24日に決定しますので、追ってご連絡します)
       以学館4階45号教室


 以前もお伝えしたように、雰囲気としては「茶話会」のような感じになるかと思いますので、どうぞお気軽にご参加下さい。もちろん、途中での退室もOKです!
 これまで行われてきた書面のやり取りの中から、裁判の経過をたどり、今後の争点となる、こちらの主張とそれに対する被告側の主張との相違点を主に報告したいと思います。
 これまで裁判所まで足をお運び頂いた支援者の皆さま、そして傍聴は出来なかったけど、この裁判の行方が気になる支援者の皆さまからのご質問なども積極的に伺いたく思います(ただ、今後の裁判と深く関わってくることにはお答え出来ないケースもあるかもしれませんが……なるべく努力します!)。
 ぜひ、ぜひご参加下さい!

 ただ、忘れてはならないのが、当日は(上述したように)「衆議院議員選挙」投票日でもあります。
 そこで、もし遠方からのお越しをご検討されている皆さまには、期日前投票制度をご利用して頂きたく思います。詳細は各市区町村の選挙管理委員会HPなどをご覧下さい。
【参照(一例)】京都府選挙管理委員会HP
 また、地元を離れての学生生活・社会人生活を送っておられる皆さんは、不在者投票制度をご利用下さい。こちらは期日前投票と異なり、余り知られていないので、以下、詳細記しておきます。

?確認
 まず、不在者投票制度は、投票日の前日までが原則です。また、地元からかなり離れている場合は、29日に投票しても、30日の投開票までに間に合わない可能性もありますので、少なくとも2~3日前には投票できるように整えて下さい。
?交付請求
 「不在者投票宣誓書・請求書」を、住所地(選挙人名簿登録地)の選挙管理委員会に対して申し出て下さい。請求は郵便等によって行えます。まずは、自分の住民票がある区市町村選挙管理委員会HPなどをご覧下さい。なお、上記「宣誓書・請求書」は、選挙管理委員会HPなどでダウンロード出来るところが多いと思いますが、ダウンロードが出来ない場合(そもそも選管HPがない場合)も、各市区町村役所/役場に電話にてお問い合わせ頂ければきちんと対応をしてもらえるかと思います。
?投票用紙の受け取り
 投票用紙は簡易書留で送られてくるかと思います。この時、焦って開封してはいけません。開封は投票する際に、選挙管理委員会の職員が開封しなければならないので、ご注意下さい。
?投票
 投票については、市区町村の役所/役場内にて出来るかと思います。別に自分の居住地だけでなく、大学や勤務先、或いは一時的に訪れている土地でも出来ます。その際、未開封の投票用紙と共に、身分証名証なども携帯した方が良いかと思います。

 以上です。投票権のある方は、投票を済ませて、ぜひ「がんばろう会(仮)」へご参加下さい! 皆さまのご参加、お待ちしております!!

ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯

「証人尋問だぞ!がんばろう会(仮)」のお知らせ

* 証人尋問日程
9月16日(水) 大阪医科大の医師など被告側の証人尋問
9月28日(月) ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問

みなさま、こんにちは。
上記のように証人尋問の日程が決定したこともあり、このたびスクドモでは「証人尋問だぞ!がんばろう会(仮)」を開催することになりました。
詳細は以下でご確認ください。


「証人尋問だぞ!がんばろう会(仮)」
・日程 8月30日
・場所 立命館大(教室決まり次第、追記いたします)
・時間 14時~

裁判の経過をたどりながら、今後の争点となる、こちらの主張とそれに対する被告側の主張との相違点を主に報告したいと思います。
これまで足を運んでいただいたみなさまに、この間十分に説明等出来なかった点にも今回ふれられたら、と考えております。
また、私たち自身にとっても、とても難解な"GID医療裁判”です。
これを機会に、みなさまの意見をいただきながら、理解を深めていきたいと思います。

なお、茶話会のようなかたちですすめていきたいと思いますので、和気藹々としすぎてしまっていたら、すみません。

もう、この裁判のことが気になって気になって眠れない!という方も、
え!もう提訴から2年半も経ったの!?という方も
あれ・・・なんだったっけ、この裁判・・・という方も
お菓子!?食べる、食べる~!という方も
ぜひぜひ足をお運び下さいませ。

みなさまのご参加をお待ちしております!


ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯

五山送り火が終わりました

 事務局の鈴木です。お久し振りです。
 さて、お盆も終わり、社会人の皆さんは今日からまたお仕事ですね……。Uターンの関係でお疲れの方もいらっしゃるかもしれませんが、残暑厳しい中、お体には充分お気を付けて下さい。
 さて、私はというと、昨日、郷里の群馬から京都へ帰って参りました。静岡での地震の影響もり、夜行バスでの帰省・帰京は諦め流石に諦めたため、全て電車での旅路となりました。東京からの新幹線車中は、自由席なら喫煙可能車両にしか座れなかったのですが、それでも座れたことに感謝です。2時間半をかけて京都へ、そして京都からは嵯峨野線に乗って下宿先まで。
 この嵯峨野線に乗る際、20時前だったので「もしかしたら……」と期待していたことがあります。車中、じっと窓の方を見ていたら、あったあった、期待していた通りバッチリ見えました。
 そう、京都の夏の風物詩、「大文字の送り火」です! 丹波口駅から二条駅までの間、東側の窓にくっきりと「大」の灯火が。これはイケる!
 ということで、二条駅で下車をしてそのまま改札……ではなく、プラットホーム北側へ。既に多くの人が集まっています。
  実は、この二条駅のプラットホーム、実は絶好の「大文字」、というか「五山送り火」のビューポイントなのです。まぁ、「五山送り火」というと、京都以外の方はちょっと聞きなれないかもしれません。全国的には「大文字の送り火」とか言われる場合がありますから。
 「五山送り火」の五山とは「大文字」・「左大文字」・「船形」・「鳥居形」・「妙法」の送り火のこと。「妙法」は連なる2つの山に「妙」と「法」、1文字ずつになるので、実際の山の数としては6つになりますが。
 この二条駅、五山のうちの4つ、「大文字」・「左大文字」・「船形」・「鳥居形」を見ることが出来ます。実は数年前まで「妙法」も見えた、というのですが残念、今は近くにビルが建ってしまい、その姿を拝むことが出来ません。
 特にはっきりと見ることの出来るのは、「左大文字」と「船形」。小さいお子さんは、ご家族の肩車で、お年寄りは灯が見える方に向かって手を合わせ、その場にいた各々が、各々のやり方でお盆の終わりを迎えています。

 この「五山送り火」ですが、文献に見えるのは江戸時代。とはいえ、実際の起源はもっと遡るのではないか、といわれています。また、江戸後期には「五山」ではなく、もっと多くの山で送り火が行われていた、と言われています(例えば「いの字」とか「蛇の字」とか)。そう考えると、面白いですよね。
 「送り火」ということですが、これは祖先の霊を送り返す、いわゆる精霊送りの儀礼だと言われています(精霊流しなどと同じですね)。ただ、「言われています」というのも、実は本当に精霊送りとして始められたのかどうか、全く判っていないのです。
 正確な起源も判らず、その役割も(今は精霊送りされていますが)良く判ってない、実にミステリアスな行事です。もし興味のある方がいらっしゃれば、ちょっと調べてみるのも良いかもしれませんね。

(参考URL)
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gozan/index.html

【追記】
 今月末の30日(総選挙投票日)に、ちょっとした学習会を企画しています。詳細はまたご連絡致しますので、投票権のある方は、投票をお済ませになってお越し頂ければ幸いです。

ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯
記事検索
プロフィール

スクドモ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ