先週の土曜日は、代表宅できりたんぽ鍋をご馳走になりました。
この企画は、毎年ヨシノさんの実家から、
どっさり材料が贈られてくるので、スクドモ界隈の恒例行事となっています。

きりたんぽとは、いうまでもなく秋田県の郷土料理で、
ご飯をちくわのように巻き付けて焼いたものです。
比内鶏やゴボウ、セリ、しらたきなどと煮込んで頂きました。

いつものように、ヨシノさんがなかなか現われないので、
先に集まっていたメンバーは、お腹が空いて苛立っていましたが、
鍋をつつき出すと、その美味しさを再確認し、至福のひとときとなりました。

私自身は、久々の参加でしたが、学生時代の雰囲気を思い出して、よい気晴らしになりました。
今後ともこういう機会が定期的にもてればよいと思います。

いよいよ裁判も大詰めを迎えました。
皆様の変わらぬご支援、どうぞよろしくお願いいたします。
(ryoga)