Singing Of Myself 〜この身の自由をうたう

◇大阪医大ジェンダークリニックで起こった術後壊死について広く知らせ、問題提起します。

口頭弁論

和解協議について

ご無沙汰しています。
少しずつ暖かい日も増えてきていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

この間、裁判状況の報告をあまり更新出来ず、みなさまにはご心配をおかけしました。
現在ヨシノさんは、被告側と和解協議をすすめています。
詳しい内容はまだお知らせできないのですが、勝利和解の道筋も見えてきたためです。

現段階では、この裁判の大きな目的であった原告の壊死の原因を、明確なかたちで認定することは困難な状況にはありますが、状況証拠から被告側も自身の過失を完全に否定することもできなくなっています。

「和解」の可能性は、あくまで条件次第ではありますが、証人尋問などの成果により、これまで訴え続けてきた私たちの主張が、少しずつ認められるようになってきたことも事実です。
長らく支援して頂いた皆様に、よりよいご報告ができるよう、この最終局面の闘いをがんばりぬきたいと思います。(ryoga)


ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯

証人尋問2日目終了

 こんにちは/こんばんは、事務局の鈴木です。
 証人尋問2日目が終わり、どっと疲れが出てきたのか、更新が少し遅れてしましました……。申し訳ございません。
 
 9月28日(月)、証人尋問2日目、無事終わりました!
 2日目ということで、傍聴席は埋まるのか、実はちょっと心配ではあったのですが……

今回も、原告側支援者でほぼ席を埋めることができました!

 本当に、本当に、有難うございました! 
 この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

 さて、ごくごく簡単ではありますが、振り返ってみたいと思います。

◇まず午前中。
 以前こちらでもお知らせしたように、この日は午前中が被告側の形成外科医(ヨシノの主治医であり全壊死をしてしまった左側を担当した医師)が証言台に立ちました。
 ヨシノにしてみれば、約3年振の医師との対峙。
 率直に感想を言えば、やはり手術ミスはなかった、また壊死を見逃すことなど有りえない、といった主張でした……。
 当事者でない私でさえ、その医師の口から出る言葉は聴くに耐えません。仮に、その言葉が本当にその医師の中で「真実」として捉えていたのだとしても……
怒りや悲しみ、そして言いようのない悔しさで、頭の中がぐるぐると回ってしまいます。
 しかし、ヨシノは原告席からしっかりと聞いていました。
 そして、反対尋問。ヨシノはその医師をじっと見つめ、こう問いかけました。
 
 「あなたは<ヒポクラテスの誓い>をご存知ですか?」

 ヒポクラテスの誓い、その一節には
「自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。」
とあります。
 正直、ヨシノが言わんとすることは何なのか、相手側の医師にきちんと伝わったかどうかは判りません。しかし、少なからず傍聴席にいる私たち支援者には、ヨシノの魂からの叫びが聞こえてくるようでした。

◇午後は原告ヨシノ本人に対する本人尋問。
 宣誓書を一時一句、丁寧に読み証言台に立つヨシノ。
 今までのライフヒストリーや、何故、大阪医大で手術を受けたのか、そして壊死と判明した時、どう思ったか……
 原告側弁護士の主尋問は、もちろん、その当時のヨシノの様子をリアルに浮かび上がらせ、被告側病院の過失を証拠付けていく作業ではありますが、同時にヨシノは忌々しい<あの時>の記憶を辿っていかざるを得なくなります。
 大学入学以降、待ちに待った手術、万全の体制だと聞いて臨んだ手術、しかし、その期待や希望を無残にも打ち砕いた今回の手術ミス。
 
 途中、さすがのヨシノも、うつむき加減になり、声も絞り出さねば出ないような状態になることもありました。
 これが、どんだけ辛いことか。
 いくら私たちが想像をしてみても、現実に体験してしまったヨシノの痛苦と比べようがありません。
 そんな証言を、予定時間よりも30分もオーバーした、約2時間近く喋ったのです。

 反対尋問は更に過酷です。
 疲労の色を隠せないヨシノに、相手側代理人の弁護士は、細かいところを、しかし執拗に問いただしてきます。
 もちろん、ヨシノは誠意を持って真実を答えます。しかし、そのヨシノの言葉から、無理にでも矛盾を生じさせ、被告側が有利になるよう質問を続ける相手側弁護士。
 ヨシノが目に見えて疲労していることは、普段のヨシノを知る私たち事務局からも良く判りました。しかし、傍聴席にいる私たちは、ただただヨシノの言葉に耳を傾け、心の中でエールを送ることしか出来ません。
 裁判後、本人も言っていたように、余りの疲れに、何を聞かれているのか判らなくなることもあった、とのこと。しかし、50分近くにもわたるこの攻防を、ヨシノは何とか凌ぎました。

◇この時点で、予定を大分オーバーしており、既に16時。しかし、裁判官も、次の予定が埋まっているということで時間内に納めざるを得ず、協議の結果、原告側友人(ふあ・山本)のどちらかを次回に回すことに。
 結果、仕事の都合上、ふあが証言台に立ち、手術前~手術後のヨシノの様子を、率直に語りました。途中、私の名前も出てきてビックリしましたが(しかも、傍聴席から微かな笑い声も聞かれましたが)、それはそれとしてリアルな実態を述べ、2日目は終わりました。

◇その後、弁護士会館で行った報告集会では、TM訴訟の原告団の皆さんを始め、様々な方から励まされました。本当に有難うございます。
 秋田にいるヨシノのご両親や、埼玉にお住まいのヨシノの従姉妹にあたる方にも来て頂きました。本当に感謝しております。


 もちろん、医療裁判を闘い抜くことは、今更ですが、並大抵のことではありません。山場を抜けたとはいえ、まだまだ厳しい闘いは続くでしょう。
 しかし、傍聴席を、そして集会での支援者の皆さんのお顔を拝見する度に、この闘いを勝ち抜かねばならない、そのような確信が芽生えてきます。

 さて、残すこと証人尋問はあと1日です。
 泣いても笑っても、最後です。
 皆さま、地裁208号まで足をお運び頂き、ヨシノの背中を押してやって下さい! 
 よろしくお願いします!


 10月7日(水) 13時30分~ 京都地裁208号
          過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問
          原告側友人(山本)

 
 
ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯 

証人尋問1日目終了

まる証人尋問 1日目無事終了まる

本日10時半から5時過ぎまで証人尋問が行われました。

まず、長かった・・・。

証人は5人。
被告病院の医師が中心でした。


壊死はいつ起きたのか。

GID医療の目的は何か。


などといった重要な争点について、
弁護士が淡々と、しかしときどきドラマチックに、
尋問されているのを手に汗握って見守りました。

今回はなんとヨシノさんも尋問を行いました。
今日のために体調をあわせるのに精一杯だったのに、
いざ、話し出すとその姿は堂々たるものでしたロケット
尋問なのにヨシノさん自身の意見や思いもガンガン伝えていたのが印象的でしたウインク


そして、そして、傍聴席は支援者のみなさんで満席となりました拍手
お忙しい中長時間傍聴していただいた皆様、どうもありがとうございました。


いろいろといたらないところがあったかと思いますがすいません
いただいたアドバイスやご意見を参考にして、
次回の尋問に活かしていきたいと思います力こぶ力こぶ

次回は9月28日(月)の10時半からです。
途中入退室可能ですので、どうぞお気軽にお越し下さい。

ちなみに、次回は午後からヨシノさんはじめ原告側の証人尋問があります。
午前中はヨシノさんの手術の主治医への尋問です。


詳しくは、後日ホームページやブログその他でお知らせします。


追記

今日の部屋について、ホームページでまちがった部屋をお知らせしておりました。
ホームページを見てお越しいただいた方には申し訳ありませんでした。



〈平田〉

第15回口頭弁論報告

 涼しい、というか、寒い! いきなり「秋」になってしまいましたね……。
 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 事務局の鈴木です。
 さて、遂に証人尋問を来週に控え、昨日(9/9・水)開催された第15回口頭弁論の報告をさせて頂きます。
 
----------------------------------------
* 第15回口頭弁論報告(2009/9/9 16:00~)

* 口頭弁論
* 被告、証人尋問用の陳述書提出(被告側証人の分)
※1
  原告、証拠となる患部写真など提出※2
  証人尋問の詳細確認※3


※1:被告側の陳述書については、16日・28日で証人として出廷する本件手術に関与した医師ら全員の意見が書かれています。
 まだ私たちも全文を検討はしていませんが、少し読んだだけでも判ったことは……被告側は、やはり自分たちの「非」については一切認めていないということです。そして、私たちの主張についても全面的に否定してきています。

※2:被告側は私たちが提出した写真(ヨシノさんが自分で撮影した患部写真)について、「撮影日時が判らない」「撮影条件が悪く、鮮明でない」などと主張してきました。そこで、今回は撮影日時がきちんと表示され、またどこで撮影されたのかも明確に示し、提出しました。

※3:
9月16日(水) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
         大阪医科大の医師など被告側の証人尋問
9月28日(月) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
          ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 13時30分~
         過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問


(*開始時間を13時~と記していましたが、正しくは13時30分~でした。訂正いたします)
----------------------------------------

ロケット とにかく、あと1週間で証人尋問です。上記のように、被告側の医師たちが証人として出廷します。どうか皆さま、出来る限りご参集頂き法廷を原告側の事務局・支援者で埋め尽くし、原告のヨシノに勇気をお与え下さい!
 よろしくお願いします!



ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯

第14回口頭弁論報告

あっという間に7月に入り、京都ではじめじめとした暑い日が続いております。
そんな暑い京都で先日行われた第14回口頭弁論の報告をさせていただきます。
傍聴に来ていただきました皆様、ほんとうにありがとうございました。
原告ヨシノがこの梅雨で手術痕が疼き体調不良で初めての裁判欠席のなか
裁判も相手の反論が出、証人尋問の詳細が決まり、いよいよ動き始めます。
これからの厳しい日程もみなさまのご支援をいただければ幸いです。
よろしくおねがいいたします。

----------------------------------------
* 第14回口頭弁論報告(2009/7/2 16:00~)

* 口頭弁論
* 被告、準備書面・意見書他提出
* 証人尋問日程・証人決定


* 証人尋問日程
9月16日(水) 大阪医科大の医師など被告側の証人尋問
9月28日(月) ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問

前回の裁判報告では9月16日と28日でしたが、
都合で10月7日も証人尋問となりました。
当日の詳しい日程は追って掲載します。


次回口頭弁論
9月9日16時~

* 準備書面提出
* ヨシノさんの陳述書提出
  
今回の口頭弁論が証人尋問までの最後の口頭弁論になる予定でしたが、
原告側も被告側も新たに書類を提出する必要がでたため、
もう一度行うこととなりました。

☆☆☆
口頭弁論後には、弁護士会館で報告集会を行いました。
弁護士より、これまでの経過を詳細に話していただき、
参加者とも活発に感想を交流できました。

アンケートに、壊死がなぜ起こったのか詳細に知りたいと、
書いてくださった方がおられましたが、スクドモとしても、
証人尋問に向けて、多くの方にこの3年間に明らかになった
事実を確認していただけたらと思っております。

夏のうちに、学習会や資料の作成ができればと
考えておりますので、詳細が決まり次第お伝えします。


---------------------------------------------

ブログランク:アクセス向上にご協力を 猫
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。走る
記事検索
プロフィール

スクドモ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ