Singing Of Myself 〜この身の自由をうたう

◇大阪医大ジェンダークリニックで起こった術後壊死について広く知らせ、問題提起します。

時事

障害等級の男女差について画期的判決

<労災>顔にやけど「性別で障害認定に差」は違憲…京都地裁

金属を溶かす業務中にやけどをし、顔に跡が残った京都府の男性(35)が、女性より低い等級の障害認定しか受けられなかったのは男女平等を定めた憲法 14条に反するとして、国に認定取り消しを求めた訴訟の判決が27日、京都地裁であった。滝華聡之裁判長は、労災で障害補償認定の基準となる障害等級表に ついて「著しい外見の跡(醜状障害)についてだけ性別で大きな差が設けられているのは著しく不合理で違憲だ」として認定の取り消しを命じた。


原告の代理人弁護士は「障害等級表を違憲と判断した判決は初めて」としている。

判決によると、男性は精錬会社に勤めていた95年11月、作業中に溶けた金属をかぶってやけどを負い、胸や腕、ほおに跡が残った。園部労働基準監督署は 04年4月、労働者災害補償保険法に基づく障害等級表で11級と認定した。

同法は「やけどの跡で受ける精神的苦痛は女性の方が大きい」として、同じ顔でも女性が男性より高い等級になると規定。このため男性側は、男だとの理由で 同様の労災に遭った女性より低い等級の認定しか受けられず、憲法に反すると主張していた。

判決は「障害等級表では年齢や職種、利き腕、知識などが障害の程度を決定する要素となっていないのに、性別だけ大きな差がある」と指摘。この定めは「合 理的理由なく性別による差別的扱いをするものとして憲法14条違反と判断せざるをえない」と結論付けた。【古屋敷尚子】

5月27日15時6分配信  毎日新聞

大阪高裁へ行ってきました~京都TM訴訟第二審判決~

 こんにちは、鈴木です。
 一昨日の第一回証人尋問、予定よりも1時間30分オーバーの7時間(うち、休憩時間が1時間強ありましたが)にも及びましたが、支援者の皆様が色々とご都合をつけて駆けつけて頂いたこと、本当に有難うございました!
 また、支援者の皆様からは、ねぎらいのお言葉やアドバイス、支援事務局に対するご提言やご注意など、様々頂きました。大変参考になりましたし、改めて細心の注意を払って活動をしていこうと気が引き締まった次第です。
 証人尋問は28日、10月16日とまだまだ続きます。これからも宜しくお願いします!

 さて、一昨日の疲れがなかなか取れない中、昨日は大阪高裁まで行ってきました。
 以前より、同じ京都で訴訟をしているということもあり、交流もあった「京都TM訴訟」の第二審判決を傍聴するためです。小泉政権時のTM(タウンミーティング)において、参加者は抽選で決定すると歌いながら、その実、意図的に排除された人たちがいたことが明るみにでた裁判です。

 夏の暑さが戻ってきたような日差しの中、阪急の梅田駅からトコトコ歩いて大阪高裁へ。約15分ほどの道中で、私は第1審判決の時のことを思い出していました。
 被告である京都市・国が色々と画策をして、原告らを排除したことが証人尋問などでも明るみになってきており、京都地裁の大法廷はTM訴訟勝利を信じた支援者でいっぱいになっていました。私も、勝利は間違いなく、あとはどこまで踏み込んだ判決になるかと思ったものです。
 しかし、結果は全面敗訴。まさか、まさか、といった感じで、つくづく裁判の難しさ・怖さを思い知らされた出来事でした。
 
 今回はどうなるんだろう……などと若干不安に駆られながらも、高裁へ到着。別館8階にも拘らず、本館の8階に昇ってしまう、など一通り迷いながらも、法廷へ。開廷前でしたが、どんどんと人が集まり、開廷と同時に傍聴席は全部埋まってしまいました。
 運良く傍聴席へ座れた私。周りを見回すと、談笑しながらもどこか緊張した面持ちで皆さん待っておられます。
 予定時間の13時15分間近、裁判官が来られましたが、すぐに退廷。
 え、何?何? と思っていると、また入廷。どうやら部屋の確認をしていたようです。

 原告側は代理人の弁護士さんや原告の皆さんでいっぱいに。
 被告席側は代理人の弁護士含め、誰一人もいません。

 いよいよ判決、裁判長の口が開きます。

 結果は……
 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009091700247&genre=D1&area=K00
 


 原告側の逆転勝訴でした!
 原告側の皆さん、おめでとうございます!
 

 もっとも、憲法に反している訳ではないとの判断や、一部原告の方に対する判断は厳しいものであることには変わりありませんが……。 
 しかし、着実に、そして粘り強く裁判を進めていくことの必要性・不屈性を改めて感じた次第です。
 判決後の報告会には時間の都合上、参加は出来ませんでしたが、高揚感もあってか阪急西院駅に着いた時、ドーナツを5個も買ってしまいました。また太ってしまいます。

 さぁ、次は私たちの番です。次回証人尋問は
9月28日(月) 10時30分~12時/13時~16時(予定) 京都地裁208号
です! 前回同様、また少し終了時間は延びてしまうかもしれませんが、今度は終了後の集会場所確保などを着実に行っていきたいと思いますので、次回も何卒、よろしくお願いします。



9月28日(月) 10時30分~12時/13時30分~16時 京都地裁208号
          ヨシノさんをはじめとした原告側の証人尋問
10月7日(水) 13時30分~ 京都地裁208号
         過失を裏付ける鑑定書を書いて下さった医師の証人尋問



ブログランク:アクセス向上にご協力を にっこり
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 乾杯 

丸三年、ごくろうさまです。

こんにちは。事務局員の藤谷です。
5月20日をもって、ヨシノ氏の手術から丸3年が経ったそうです。
ヨシノ氏にとっても、周囲の人にとっても、未体験なことがたくさんあったことだろうと思います。

私がヨシノと出会ったのは、たぶんけっこう前の第二回レインボー・パレードとかだと思うのですが、「スマートで少年のようだなぁ」という印象があるぐらいで、とくに話すこともなく、どちらかと言えばジェット風船がなかなか膨らんでくれなかった記憶の方が強く残っています。
あのとき、身体機能の衰えを感じました。

身体機能の衰えはともかく、ちゃんと知り合ったのは、おととしスクドモの事務局員になってからでした。
それまでも提訴のときからほとんど欠かさず傍聴には行っていたのですが、なにぶん人見知りなもので、なかなか話せないでいました。

そんなある日、事務局会議後にみんなで居酒屋へ行って――私とヨシノ氏は同じ研究科なのですが――「研究科内に友達がいない」という共通点が見つかり、意気投合、友達になりました。
こうして文字にしてみると哀しいきっかけですね。
そのとき鈴木さんは注文の品がなかなか出てこないことにマジギレしていました。

その後、昨年11月、一緒にクィア学会(@広島)へ行ってから「どうもウマが合うな」ということが分かり、親友になりました。

以来、一緒にヘラヘラ笑ったり、理不尽な大学当局に怒ったりしているわけです。

そういう日常を過ごしていても、ヨシノ氏は常に原告なので、たいへんそうなときも多いです。
私は大抵ヘラヘラしていますが、そうもいかないのがヨシノ氏です。

そうそう、『BASARA』(田村由美著・小学館)をヨシノ氏に借りて読んだとき、「更紗ったらテラヨシノ!」と思いましたよ。
そのテラ更紗のテラヨシノの負担を少しでも減らせるように、これからも親友としてサポートしていきたいと思います。

(藤谷)



ブログランク:アクセス向上にご協力を 猫
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。走る

2006年のこと

事務局員の藤谷さんに便乗して、僕も3年前を簡単に振り返ってみたいと思います(笑)
文章力に自信がないので日付は控えめにタイムスリップさせました。
<同時に藤谷さんの記事裁判のお知らせもチェックしていただけるとうれしいです。>

僕はこの年に大学を卒業しました。
ヨシノさんから卒業式にお祝いをいただき、素直に卒業を喜べなかった自分としては「こんな自分でも卒業していいんだ」ととてもうれしかったことを覚えています。
時を同じくして手術の話もちょくちょく出だして、ヨシノさんにとってしんどいことが1つ減るんならよかったなと思っていました。
その後就職してちょうど大阪の方で研修をしている時に手術日が重なり、京都の家に帰る途中現副代表の鈴木君と病院に寄ってヨシノさんとヨシノさんのお母様と4人でしばし談笑。
ご家族で病院の対応に少しご不満をお持ちのようでしたが、その時は後々の快適な生活が待っているならという終わり方をしていたように記憶しています。

一応裁判のこともあるので書いておきましょうか。
僕が記憶している「ヨシノさん達の病院に対する不満」は、
 ・医師が予定通りに回診にいらっしゃらないこと
 ・患部の状態が左右で異なること
 ・直前に術式が変わったこと
 ・予定よりも手術に時間がかかったこと
 ・その他ヨシノさんに対する配慮が足りなかったこと
などで、「手術を受けた感想」としては
 ・麻酔の副作用で長時間吐き気があり辛かったこと
 ・患部の状態(痒み、痛み、突っ張りなど)
 ・腕が上げ辛い
などでした。

ヨシノさんは、こういった不満は後で意見書として病院側にフィードバックしたいという話をされており、後に同様の治療を受ける人のため、病院のために行動を起こす準備をされているようでしたが、まずは傷の回復をしっかりやるんだという意気込みが強かったです。
談笑の中で短時間やりとりしただけでこれだけの"結果に対する要素"があるのに、それでも、僕は病院にいるのだから大丈夫だと考えを変えることができませんでした。

後にヨシノさんの状況を把握し、なおかつ自分自身が追突事故に遭い病院にされた対応などで、病院に対する信用度は一気に下降線を辿ることになります。
これは非常に残念なことでした。
病院はケガや病気を治してくれる場所だと直感では思えなくなり、それが身近に多く発生しているということもわかりました。

裁判に関わっていく中で、blogでは多くのことは書くことができませんが(単に文章力が足りないという説もありますが…)世の中には余計なしがらみが多い気がします。
もっとシンプルにやったらこんなことは起こらなかったのではないでしょうか。

ヨシノさんの裁判は、個人的な解釈ではありますが、当初お考えだったヨシノさんのフィードバックの精神に通じていると思います。
もちろん、手術に対する苦痛への賠償なども求めていくわけですが、それだけではないんだということをご理解いただきたいです。
それはヨシノさんに会えば納得できるのではないでしょうか。


長くなりました。
そろそろ締めくくりを…
3年が経ったということは、当然来年は4年経ち、再来年は5年経ちます。
何年経っても2006年の出来事は良くも悪くも思い出されることでしょう。
今よりも状況が好転できるよう、心がけていきたいと思っています。

みなさまのご支援もありがたく感じています。
また、よろしければご支援の程お願いいたします。

4年目のスクドモもどうぞよろしくお願いします。
(zan)


ブログランク:アクセス向上にご協力を 猫
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。 すいません

追悼、忌野清志郎







 この面白い曲は「赤い原付」です。

 まだ春先のこと、夜に代表の平田氏が自転車に乗っていたとき、前から警察が来たので反射的に(意味無く)Uターンして逃げ、逆に不審がられて捕まるというエピソードがあったことを思い出したわけでした。そのときは、ポケットも見せなさいと言われたので、下に股引を穿いているのをいいことに強気になって、ズボンも脱いでやろうとしたら「そこまでしなくていい」と言われたそうです。
 いやぁ全裸になってたら別のアレで捕まるところでしたね。

 そんなことより、氏の闘病生活に敬意を表し、あまりに早いご逝去を悼み、ご冥福をお祈りしたいところですが、氏はロックなので、天国とか地獄とか当たり前のところには行かないような気がします。余りにたくさんの「罪状」に、向こうの担当者も辟易しそうですね。
 ちょっとまだ信じられません。現に今、氏の曲を流しながらこれを書いていても、もうこの世にいないなんて嘘みたいです。
 氏の反骨精神、真っ向から体制に疑義を唱える姿勢、何ものをも恐れぬ舌鋒、天衣無縫さ。「嫌なことは嫌だと言え」「おかしいと思ったら戦え」ということ、ですよね。


 忌野清志郎×ゆず「言論の自由」
 








ブログランク:アクセス向上にご協力を 猫
多くの方に読んでもらえるよう、クリックしてアクセス向上にご協力下さい。走る

記事検索
プロフィール

スクドモ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ